10年前、私の父型の祖母が亡くなったのですが、その時の式の流れを今後の私の参考にさせてもらおうと思い、ノートにメモを取りました。葬儀全般は祖父母の代から父母、私も含め、父の知合いの城東の葬儀会社に毎月積立を行い、葬儀に掛かる費用全般の負担はあまり掛からないようにしていて、誰かが亡くなれば全てのことをこちらのストレスなく執り行ってくれる体制は整っています。その葬儀会社の連絡先、その先自分でしなければならないことなどをメモしていきました。自分でしなければならないのは新聞の死亡欄掲載内容、寺へのお経、戒名の手配のみです。お寺へ掛かる大まかなお金もメモしました。戒名がとても高いですね。何かあった時のために、あらかじめ預金しておかなければなりません。あとは葬儀会社に丸投げで、喪主であった父も私達も、ただただ葬儀で喪に服することに集中できました。誰かが亡くなる事を想定するのは辛いかもしれませんが、亡くなったあと、いざ準備するほうが辛いように感じます。具体的に詰めないまでも、どこにたのめば万事怠りなく執り行ってくれるか、おおよその目安は付けておいたほうが良いと思います。