お葬式とは全く無縁の生活をそれまで送っていたものですから、葬儀屋からのDMなどのチラシがポストに入っていましても、「うち、関係ないし!捨てるのも面倒臭い」ぐらいのことを思っていましたよ。けれども人って突然亡くなるもんですから。

不本意な形ではありますけれど、それで葬儀屋さんのチラシが役に立ったというものです。家族が亡くなってなにをどうしたらいいのかわからなかった状況にて、ポストに投げ入れられていた葬儀屋のチラシにまずは電話をしましたから。

すると、葬儀屋さんは丁寧でした。「うち、それは関係ないですから」と無下に扱うことなんてせずに、何をどうすればいいのか適切に丁寧に指示してくれたんですよね。それにも関わらず、法外なお葬式費用を請求するわけでもなく、こちらの望むような形を提案してくれたことには非常に感謝しています。

ハッキリ言って、坊さんよりも葬儀屋さんの方に感謝していますよ。次から次へとお金を請求してくるようなことしませんから。最低限の葬式でとお願いしたら価格も抑えた家族葬を提案してくれましたからね。そこにすでに良心があるでしょう。

PR|寝屋川のお通夜なら