大切な家族を心の準備無しに突然失うことになったら、普段は気丈な人でさえ大きな痛手を負うことになります。その状態で慌ただしく斎場での葬儀の手配から連絡、葬儀に来てくれる参列者たちへの配慮までするのは過酷です。年齢的にも高齢で、家族としても心の準備ができていれば、悲しみの中でも葬儀に関しては、やるべきことはやろうと切り替えもできますが、突然のことだと心に余裕を持てる人はまずいません。参列者への十分な対応をする余裕が持てない、平常心を保てそうにないのであれば、大きな葬儀ではなく直葬でお見送りをすることもできます。

 

葬儀を出すにしても直葬の場合は、お通夜をして翌日告別式を行うという、一般的な葬儀のスタイルではありません。お通夜も告別式もなく、葬儀をする際にも少ない人数で行いますので、精神的にも負担は少ないです。葬儀の中でも火葬式といわれることもあるくらい、非常にシンプルですから時間的にも短く、普通の葬儀に比べたらあっという間に終わります。