お葬式で困るのが、後から後から追加料金が発生したり、こちらが頼んでもないのに、余計なサービスをしてくれてそれでまた追加料金が発生してしまうことでしょう。

というかわが家の場合がそうだったのですが。そしてまあ、主にお寺さんからの不要(わが家にはそう思われる)な出費が立て続いて…。ですからものすごくストレスでした。

いや、精神的な問題だけではなく、しっかりと金銭の負担としてのしかかってきましたからね。頼んでもないのにお坊さんが複数人も来たことも嫌でした。その分お金だってかかるでしょう。

それに葬儀屋さんのスタッフにしましても、明らかに不要な数の人がいたりで、しかしその分お金だってかかるわけですからね…。

葬儀やなんやとやることが多くて「もうどうでもいいやー」となっていましたが、後から考えてみると不要な出費が多すぎました。そしてだからこそ、家族葬のような小規模なお葬式を推したくなるのです。

だって火葬だけでいいじゃないですか。届出をして火葬してそしてお墓に入れることができたら、もうそれでいいですよ。故人を偲ぶのは身内だけで行いますし。そしてだからこその家族葬ですよ。

一般的なお葬式を経てそしてその後に家族葬をして思うことは、やはり「家族葬っていい!」ということですね。もう葬式は小規模でいいんです。

PR|城東でシンプル家族葬|